ごあいさつ

目指す企業像

常に高い志を持ち、社会のルールを守り、
持続的成長・発展を通じ豊かな社会の実現に貢献する

スローガン

精密機械装置綜合メーカーとしてお客様の「得を作り出す」をモットーに誠意を持って取り組み、
必ずご満足いただける提案を行ないます。
構想の提案から設計、製作、導入、アフターサービスまで最後まで責任を持ってお応えいたします。

タカノ機械スローガン図

会社概要

会社名 タカノ機械株式会社
所在地 長野県上伊那郡宮田村松の原5450-205
電話番号 0265-85-3156(代) 加工部 0265-85-4424 0265-85-3156(代)
加工部 0265-85-4424
FAX番号 0265-85-3158 加工部 0265-85-4841 0265-85-3158
加工部 0265-85-4841
資本金 5000万円
役員 代表取締役 鷹野 準 (タカノ㈱ 代表取締役社長) 代表取締役 鷹野 準
(タカノ㈱ 代表取締役社長)
取締役 河野 由裕
取締役 鷹野 力 (タカノ㈱ 専務取締役) 取締役 鷹野 力
(タカノ㈱ 専務取締役)
取締役 大原 明夫 (タカノ㈱ 常務取締役) 取締役 大原 明夫
(タカノ㈱ 常務取締役)
取締役 久留島 馨 (タカノ㈱ 取締役) 取締役 久留島 馨
(タカノ㈱ 取締役)
取締役 山本 幸康 (タカノ㈱ 執行役員) 取締役 山本 幸康
(タカノ㈱ 執行役員)
監査役 戸枝 茂夫 (タカノ㈱ 常勤監査役) 監査役 戸枝 茂夫
(タカノ㈱ 常勤監査役)
従業員数 40名
敷地 8,700㎡
建物 3,120㎡
主要得意先 タカノ㈱、岡谷鋼機㈱、セイコーエプソン㈱、日本電産サンキョー㈱、信州航空電子㈱ 他
取引銀行 八十二銀行伊那支店、アルプス中央信用金庫宮田支店
タカノ株式会社

中央道駒ケ根インターより車で約15分 / JR駒ヶ根駅から車で約10分

会社沿革

1979年 動力プレス検査業務、機械装置メーカーとして長野県伊那市西春近に設立、資本金5,000万円
1982年 長野県上伊那郡宮田村松の原工業団地に工場を新築
1983年 金型、治具類の製造目的にマシニングセンター、NC加工機を導入
1995年 タカノ株式会社の100%子会社になる
1996年 機械装置、検査装置拡大の為金型製作より撤退
2000年 大型部品の受注に対応する為、オークマ製大型門型マシニングセンター導入
2001年 動力プレス検査業より撤退
2006年 本社住所を長野県上伊那郡宮田村松の原5450-205に移す
2007年 オークマ製大型門型マシンニングセンター MCVAⅡ(20x40)導入
2018年 倉敷機械製複合マシンニングセンター CMN5C導入

行動指針

1目的
タカノ株式会社行動指針は、当社の取締役、監査役(以下役員という)ならびに従業員が企業の社会的責任を自覚し、法令を遵守するとともに企業倫理に則って行動できるように、また、当社の継続的な事業活動を可能とさせるために、私たちの基本的な考え方や行動の拠り所を定めるものです。
タカノ機械株式会社もすべてこの行動指針に準じます。
2基本原則・総則
  1. 基本的人権を尊重する
  2. 法令、企業倫理を遵守する
  3. 魅力ある企業の創造を目指す
  4. 社会との連携と協調を図る
3事業運営市場との関係
  1. お客様との関係

    お客様への誠実な対応を行う

    お客様情報を適切に管理する

    適切な表現による広告宣伝を行う

    安全保障輸出管理法規を遵守する

  2. 取引先との関係

    購入先との適正取引、下請法の遵守を行う

    取引先情報を守秘する

  3. 競合企業との関係

    不正競争を防止する

    独占禁止法を遵守する

4社会との関係
  • 地球環境に配慮する
  • 反社会的勢力との関係を断絶する
  • 社会貢献に努める
  • 情報開示・透明性を確保する
  • 公務員への贈賄、不適切な接待、違法な政治献金、寄付金を行わない
  • 適正な許認可、届出手続きを行う
  • 国際ルールの順守と海外における文化風習を尊重する
5株主・投資家との関係
  • インサイダー取引は行わない
  • 株主利益を尊重する
6社員との関係
  • 人権を尊重し差別を禁止する
  • セクシャルハラスメント、パワーハラスメントは行わない
  • プライバシーの保護を行う
  • 働きやすい職場環境づくりを行う
  • 労働関係法を遵守する
  • 公私を峻別する
  • 能力の向上を図る
  • 私的な便益やリベートの受領と提供は行わない
  • 違法行為の黙認、虚偽報告、隠蔽はしない
7会社との関係
  • 知的財産権を保護する
  • 他人の利益を尊重し、権利を侵害しない
  • 会社と利益相反関係とならない
  • 会社の名誉信用を傷つけるような行為はしない
  • 規程等、社内ルールを遵守する
  • 適正な会計処理を行う
  • 租税関係法令を遵守する
  • 就業時間中に政治、宗教活動は行わない
  • 適切な文書、情報管理を行う
  • 会社資産の適切な使用と管理を行う
  • 情報システムの適切な使用を行う